【読んだマンガ紹介】東京卍リベンジャーズ 3巻【和久井健】

このページでは「東京卍リベンジャーズ」という漫画の紹介を掲載しています。

Amazonで購入 Kindleで購入
楽天Booksで購入 楽天Koboで購入
 

漫画:和久井健

twitter:不明

 

この「東京卍リベンジャーズ」は講談社から出版された和久井健氏による作品。

新宿スワンの実写映画で和久井健氏を知ってから他作品も読んでおり、その流れでこの「東京卍リベンジャーズ」も手に取りました。

表紙からも読み取れる不良同士の喧嘩漫画。ではなく、タイムスリップもののSF作品となっています。和久井健氏の過去の作品では絵柄が安定していなかった印象がありましたが、この「東京卍リベンジャーズ」からは独特な雰囲気はそのままに画のタッチが安定し、キャラクターの存在感もしっかり表現できていて生き生きとしています。

ただの喧嘩漫画ではなく、大切な仲間たちを守るために過去へタイムスリップし関東最凶不良軍団の頂点を目指す世界になっています。不良同士の絆やドラマが描かれていてこれまでになかった作品です。

 

あらすじ

発売日 2017/9/15

悪党連合“東京卍會”に殺された最愛の元カノ・ヒナタを救うため、12年前の中学時代にタイムリープした元不良のダメ男・タケミチ。東卍分裂のキッカケとなった愛美愛主(メビウス)との抗争を止めるため、タケミチはマイキーの説得を試みるが、愛美愛主の急襲にあってしまう! 急転する状況、過去改変の連続にとまどうタケミチ! そして凶刃がドラケンに迫る!!

(引用:Amazon)

 

発売日

1巻 2017/5/17
2巻 2017/7/14
3巻 2017/9/15

 

評価

読みやすさ:5 out of 5 stars

世界観  :5 out of 5 stars

キャラ  :5 out of 5 stars

 

不良・喧嘩漫画が好きな方にはぜひ手にとってほしい作品。タイムスリップものではあるが、かなり読みやすく世界観を描いている。

 

和久井健氏による作品

 

Amazonで購入 Kindleで購入
楽天Booksで購入 楽天Koboで購入

コメント